本文へスキップ

見出し引越し祝い

新居への引越しのお祝い。元来1人暮らしで引越しの機会の多かった私ですから、その様なお祝いを貰う機会もあまりなく今回のお祝いはかなり珍しいパターンでした。
ですがそれはいわゆる一般の贈答品として店舗経由で贈られたものでは無く、実家から送られてきた鉢花。かつて私が愛培してきたミニカトレヤの鉢というオチでした。
実家がちょうど季節外れの大掃除をやっていたらしく、その中で私が数十鉢と残してきたミニカトレヤ達も整理整頓の対象となってしまったとの事。その中でちょうど開花を始めた株が数鉢あり、たまたま私が以前より広いアパートへの引越しが決まった事もあり、それならと引越し祝い代わりにそれら開花株を処分目的で送ってきた、という経緯。

ちょうど新居に新しい鉢花でも揃えようかと思っていたところ。実家に置いていた株が候補に上がらなかったのは両親がそれらの栽培に熱心だったからで、そんな事情なら私も歓迎。早速ダンボールを開けて送られてきた数鉢を丁寧に取り出し、アパートの日照良いバルコニー際に置きました。
これらの種類は決まって早朝と夕方に甘く清々しい芳香を漂わせるのが大きなメリット。引越しの荷ほどきも完全に終わらずカビ臭さがしつこく室内に残っていたのですが、それらもこの香りが中和してくれて助かりました

ナビゲーション