本文へスキップ

見出し当日の負担を減らす

引越しの予定があるときには、自分で出来る範囲であるか家の中の物を細かくチェックしていくようにします。特に移動しにくい物がある場合、どのように梱包していくのか事前に確認することが大事です。

あまりにも大きくて無駄な物だと感じる時には、思い切って粗大ゴミとして処分する考え方も有効です。長い間使っていなかった物は今後も使わない可能性が高いので、処分してもそれほど生活に影響が出ない可能性があるのです。

そのあたりを考慮していくと、毎日の生活において必要な物は全て移動し、いつも使っていない物は引越しで移動するのではなく、リサイクルショップに売却しに持っていくという考え方が可能となります。

これを引越の当日にやると非常に時間がかかってしまうので、引越しを想定しているもっと前の段階で家の中の物を少しずつ処分していき、引越しをする際に移動するべき家具の量を減らしておくという考え方が可能となります。

引越しの際には、やる作業がかなり多くなってしまうので、使用する物と処分する物など物を振り分けて売却しに行く時間はなくなります。そのあたりを考慮して作業段取りを考えていく事が重要になります。引越し当日に負担を残さないような準備をする必要があるのです

ナビゲーション