本文へスキップ

見出し忘れてしまうもの

引越しをするときには、忘れてしまう物が必ず出てきます。自宅の中をチェックして全ての物が車に積載していればそれで完了ですが、車に乗らない物が出てくる可能性があります。


特に多いのが、庭先に置いている植木であったり、倉庫の中に入れているホースのリールや、三輪車、または自転車などです。外に置いてあるので見積をする段階で想定する事を忘れてしまう場合です。

小さな物であればすぐに車両に入れる事が可能ですが、積み上げて乗せることも困難な物が多くなると、車に積載できない可能性が出てきます。

そのような状況にならないようにするためにも、引越しの見積をするときには家の中をくまなく探して、全ての物を処分するか移動する対策を考慮する必要があります。

あまりにも移動する道具が多すぎるのであれば、使わないかもしれない物を順に処分していく対策が必要です。道具が少なくなれば周りが見通すことができるようになり、引越し当日にどのような段取りで作業をしていけば良いのか予想できるようになります。

引越し業者に依頼する場合は、車に積載できるかどうかは業者の担当者が確認してもらえますが、自分でトラックを準備して引越しを想定するときには、積載可能であるか予想する事が難しいのです。

ナビゲーション